同棲生活が長くても。家族であることが重要と思った瞬間。 | 結婚したい人のための婚活リサーチャー

alt_02

同棲生活が長くても。家族であることが重要と思った瞬間。

現在34歳、産休中の主婦です。主人とは7年ほど前に結婚しました。

学生時代からの付き合いで、結婚する前から同棲をしていました。

同棲カップルによくあるようになんとなくだらだらと同棲生活が続く気配を見せていた頃のことです。

ちょうど今から7年半くらい前の事だったと思います。

その頃から彼の仕事が忙しくなり、出張に行くことが増えてきました。

当時、神奈川に住んでいたのですが、東北や九州への出張が多かったように思います。

期間も初めのうちは数日だったのが段々一週間とか二週間とか長くなってきて。

私も仕事をしていたので寂しいとはそれほど思いませんでした。

むしろ久々に羽を伸ばせて楽しいくらい。

でも、ある出張の後、彼が全然帰ってこない日があったのです。

二週間の出張明けで、特に仕事が伸びるなどの連絡はなかったので、私は夕飯を用意して待っていました。

でも、予定の時間をいくら過ぎても帰ってきません。

こちらから連絡しても返事もありません。飛行機や電車の遅延情報を見ても該当なし。

なにかあったのではないかととにかく心配で心配で。

結果、当時入院していたおばの様態が悪化したので急遽、実家の方に行っていたと後から連絡が来たのですが、その時は本当に安心しました。

その時、いくら長く同棲していても家族なら何かあった時に一番に連絡が来るけれど、彼女のままなら何かあっても私には連絡が来ないんだよな、家族って重いなと思いました。

それならきちんと結婚して家族にして欲しい。

初めて思いました。

それから半年くらいしてから私たちは無事に籍を入れました。

オススメ記事

ユー ブライド

日本最大級累計会員が100万以上とダントツに多いユー ブライドは成婚した人も2000名を誇る実績があります。女性も男性も常に真剣な方が多く登録している為、成婚のスピードが早い人で3か月と圧倒的な早さも人気の秘密です。

ノッツェ

24時間365日個人情報がしっかり管理されており、親や知り合いなどにばれないように3段階の公開範囲が設定することができます。ノッツェでは24時間いつでも活動でき、相手の性格や写真などの人柄がよくわかるひとこと日記でよりふさわしい相手を見つけることができます。

TOP