バツイチの人が再婚に踏み切りたいと思ったら | 結婚したい人のための婚活リサーチャー

alt_02

バツイチの人が再婚に踏み切りたいと思ったら

一度結婚の経験があり、もう一度結婚したいと思った場合、手っ取り早いのが婚活サイトです。普段の生活では出会いの機会がない場合、バツイチとなるとさらに出会いが減ります。これらをオープンにし、理解してくれる相手を見つけることが幸せへの重要なポイントです。

バツイチの人が再婚へ踏み切るきっかけとは

バツイチの人が再婚を思い立つ一番の大きな理由は、好きな人ができたから、です。しかし、婚活サイトを利用する人はそうではありません。好きな人がいれば、新しい出会いは必要ないからです。婚活サイトを利用する人の多くの理由は、結婚したいと思っているから、です。子供がいる場合には、子供にとってのお父さんという存在、お母さんという存在が必用だと考える場合もあります。また、子供が成長して巣だってしまったときに、一人で老後を過ごすのが寂しいと感じる人もいます。そのために、新しく人生を共に過ごすパートナーが欲しくなります。

バツイチ子持ちの人の心に余裕が出る時期とは

多くの人が、一番自分に余裕がないのが子供が小さいときです。特に産まれてから就園するまでの約3年は本当に手のかかる時期です。特に一人目ともなれば、夫婦共に初めてのことに精一杯で思いやりの気持ちも忘れ、離婚に至るというケースも少なくありません。しかし、その子も幼稚園に行くようになり、小学校に入学して、さらに高学年ともなると、親と過ごす以外の世界が多くなります。子供だけである程度の外出もできるようになり、お留守番もできて、親と常に行動を共にして過ごす必用が少なくなります。そうして親側に、心の余裕がでてきます。

親側に時間の余裕が出てきたら思い立つこと

バツイチの子育てを懸命に行ってきて、今日のことしか見えない時期を脱して来たとき、自分のことを考える余裕が出てきます。これからのことを考えていくと、やはりパートナーが必用だと感じる人が多くいます。そして、また恋愛をする楽しさを味わいたいとも思います。パートナーがいなければ、男性として、女性として見られることがありません。ましてや親としては父親も母親もやってきたのですからかなり強い人間になっているはずです。そんな緊張感のある生活にほっと一息つけるような相手が欲しくなってきます。そうしたときに、なにげなくでも婚活サイトを開く人が少なくありません。

まとめ

バツイチ子持ちで死に物狂いで働き子供を育ててきた人にとって、子育てが一段落した頃に、自分のパートナーを見つけたいという気持ちがわいてきます。そんなときには恥ずかしがらずに、信頼できる婚活サイトに身を置く事もひとつの方法です。

オススメ記事

ユー ブライド

日本最大級累計会員が100万以上とダントツに多いユー ブライドは成婚した人も2000名を誇る実績があります。女性も男性も常に真剣な方が多く登録している為、成婚のスピードが早い人で3か月と圧倒的な早さも人気の秘密です。

ノッツェ

24時間365日個人情報がしっかり管理されており、親や知り合いなどにばれないように3段階の公開範囲が設定することができます。ノッツェでは24時間いつでも活動でき、相手の性格や写真などの人柄がよくわかるひとこと日記でよりふさわしい相手を見つけることができます。

TOP